論文検索アンテナ

論文検索をすこし身近に、すこしべんりに。

気管支学の検索結果

もしかして: 気管支学  気管支学会  気管支学 雑誌 

気管支鏡検査でのブラシ・鉗子洗浄液のセルブロックが診断に有用であった十二指腸粘液癌術後肺転移の1例 CiNiiでみる

著者名:
冨田 早織  中尾 心人  荒川 総介  藤田 浩平  山田 和佳  北島 聖晃  石川 操  佐藤 英文  村松 秀樹 

抄録:

背景.十二指腸粘液癌は非常に稀であり,肺転移による再発を認めた症例の報告はない.また,気管支鏡検査で得られた液性検体のセルブロックが診断に有用であったという報告は少ない.症例.73歳の男性.2008年5月に,当院外科で十二指腸粘液癌の診断のため膵頭部十二指腸切除術が施行された.術後5年間は再発を認めず,外科は終診となったが,2019年9月に健診の胸部X線写真で左肺野に腫瘤影を指摘され,当科受診となった.胸部CTで左肺上葉に13.5 cmの腫瘤影を,右肺中葉に約2.0 cmのpart-solid noduleを認めた.左肺腫瘤に対しCTガイド下生検を施行し,十二指腸粘液癌の肺転移と診断した.右肺結節は原発性肺癌の可能性を考え,気管支鏡検査を施行した.鉗子生検の組織量が不十分であり,ブラシ・鉗子洗浄液のセルブロックを用いた免疫組織化学染色で,右肺結節も十二指腸癌の肺転移と診断した.結論.十二指腸粘液癌の術後11年目に肺転移で再発し,その診断にブラシ・鉗子洗浄液のセルブロックが有用であった貴重な症例を経験した.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
72-77 , 
ISSN:
0287-2137

多発結節影を呈したDiaminodiphenylsulfoneによる薬剤性好酸球性肺炎の1例 CiNiiでみる

著者名:
押尾 剛志  小高 倫生  渡邉 賀代  中野 千裕  今泉 知里  篠澤 早瑛子  横内 幸  松瀬 厚人 

抄録:

背景.Diaminodiphenylsulfone(DDS)は天疱瘡やハンセン病の治療薬であるが,副作用として薬剤性好酸球性肺炎の報告は稀である.症例.34歳,女性.天疱瘡に対してステロイド外用薬,DDSによる治療が開始されたが,約2週後に39℃の発熱と呼吸困難が出現し受診した.胸部単純X線写真および胸部CTで両肺の多発結節影を認め,気管支鏡検査を施行したところ,気管支肺胞洗浄液中の好酸球増多と,病理像では気腔内の著明な器質化と好酸球を主体とする炎症細胞の浸潤を認めた.臨床経過や病理像から好酸球性肺炎と診断し,ステロイド内服治療で速やかに改善が得られた.DDSに対する薬剤リンパ球刺激試験が陽性であり,原因としてDDSが考えられた.結論.多発結節影という非典型的な画像所見を呈したDDSによる薬剤性好酸球性肺炎の診断に気管支鏡検査が有用であった1例を経験したので,報告する.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
7-11 , 
ISSN:
0287-2137

支部会(記録) CiNiiでみる

著者名:

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
78-87 , 
ISSN:
0287-2137

手稲渓仁会病院呼吸器内科 CiNiiでみる

著者名:
山田 玄 

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
82-83 , 
ISSN:
0287-2137

会告 CiNiiでみる

著者名:

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
A1-A1 , 
ISSN:
0287-2137

表紙 CiNiiでみる

著者名:

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
C1-C1 , 
ISSN:
0287-2137

Endobronchial Watanabe Spigot(EWS)により外科治療を回避できた有瘻性膿胸の2症例 CiNiiでみる

著者名:
浅野 久敏  荒川 智嗣  野田 祐基  加藤 大喜  柴崎 隆正  森 彰平  大塚 崇 

抄録:

はじめに.有瘻性膿胸は抗生剤投与・胸腔ドレナージのみでは改善せず,開窓術など侵襲的な外科治療を要する症例が多い.今回有瘻性膿胸に対してEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)を用いた気管支充填術が奏功し,外科治療を回避できた2症例を経験したので報告する.症例1.40歳代女性.左肺下葉に浸潤影を認め,精査目的で経気管支肺生検を施行した.検査10日後に発熱および左胸痛を認め,有瘻性膿胸の診断で入院加療となった.しかし気漏の改善を認めなかったため,左B9にEWSを充填し,気漏を閉鎖し得た.症例2.70歳代男性.右下葉肺結節に対し,右肺下葉切除術を施行した.術後5か月目に発熱と咳嗽を認め,胸部X線写真で右肺の浸潤影およびniveauが出現した.採血で炎症反応の高値を認め,有瘻性膿胸と診断し入院加療となった.胸腔ドレナージのみでは改善しなかったため右肺B1およびB2にEWSを充填し,気漏を閉鎖し得た.結語.有瘻性膿胸に対してEWSにより外科治療を回避し得た2症例を経験した.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
56-59 , 
ISSN:
0287-2137

喀血で発症した原発性気管支動脈蔓状血管腫の1例 CiNiiでみる

著者名:
大橋 洋介  松野 吉宏  須甲 憲明  服部 健史  網島 優  小倉 滋明  山本 宏司  井上 玲  大坂 喜彦  岡田 宏美 

抄録:

背景.原発性気管支動脈蔓状血管腫は気管支動脈の先天的形成異常にて発生する稀な疾患で,血管の破綻により大量喀血の原因の一つとなる.症例.77歳男性.起床後に大量喀血し入院となった.気管支鏡検査で右B2より出血を認めた.気管支動脈造影検査では右気管支動脈上葉枝は屈曲・蛇行し,周囲の血管増生を伴っていたため,気管支動脈塞栓術(bronchial artery embolization:BAE)を施行した.しかしBAE施行後も再度血痰が出現したため,気管支鏡検査を再度行い,右B2入口部に出血を伴う頂部の赤い乳頭状隆起病変を認めた.止血困難と判断し胸腔鏡下右肺上葉切除術を施行し,その後再喀血なく経過した.気管支鏡,気管支動脈造影,病理所見から原発性気管支動脈蔓状血管腫と診断した.結論.気管支鏡検査で出血部位の明らかな原発性気管支動脈蔓状血管腫を経験した.本疾患は血管性病変に特徴的な気管支鏡所見を熟知して診療を行うことが重要であり,BAEにより治癒も期待できるが,再出血をきたす場合は肺切除を含めて検討すべきと考えられる.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
60-65 , 
ISSN:
0287-2137

気管支鏡下切除と外科的切除を併用し治療した気管支内過誤腫の1例 CiNiiでみる

著者名:
坂本 晋一  網谷 良一  監崎 孝一郎  小川 瑛  久保 尊子  法村 尚子  林 章人  六車 博昭  山本 晃義  三浦 一真 

抄録:

背景.肺過誤腫は肺実質型が多く,気管支型は稀である.長期にわたり中間気管支幹を閉塞した気管支内過誤腫に対し,気管支鏡下切除と外科的切除を併用し治療した1例を報告する.症例.59歳男性.9年前に右中葉無気肺を指摘され,中葉気管支を閉塞する良性腫瘍を認めた.無症状を理由に経過観察されていたが,6年後に中下葉無気肺へ進展した.治療は希望されず経過観察されていたが,咳嗽が出現し紹介となった.気管支鏡検査で中間気管支幹を占拠し右主気管支へ突出する腫瘍を認め,高周波スネアを用いて切除し,気管支内過誤腫と診断した.B5および下葉気管支は開存し下葉の含気は回復したが,中葉の十分な拡張は得られなかった.腫瘍がB4に遺残し,中葉の不可逆性変化を認めたため,二期的に胸腔鏡下中葉切除術を施行した.結論.長期に無気肺を認めた気管支内過誤腫に対し,気管支鏡下切除と外科的切除を併用することにより呼吸機能温存と根治性が得られた.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
66-71 , 
ISSN:
0287-2137

奥付 CiNiiでみる

著者名:

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
G1-G1 , 
ISSN:
0287-2137

目次 CiNiiでみる

著者名:

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
T1-T1 , 
ISSN:
0287-2137

コロナ時代でも呼吸器内視鏡の進歩を CiNiiでみる

著者名:
猶木 克彦 

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
1-2 , 
ISSN:
0287-2137

Airway-centered Invasive Pulmonary Aspergillosis in a Patient with Alcohol-related Liver Disease CiNiiでみる

著者名:
Inoue Katsuhiro  Shimauchi Atsushi  Ibusuki Ritsu  Kayukawa Takafumi  Eto Daisuke  Okamatsu Yuki  Tsubouchi Kazuya  Harada Taishi 

抄録:

Introduction.Aspergillus species are ubiquitous fungi that are part of the normal environmental flora and abound in the soil. They are inhaled in large numbers daily and can penetrate human lungs in the form of microscopic spores. They are common colonizers of the airways in immunocompromised individuals and the primary cause of invasive mycosis. Invasive pulmonary aspergillosis (IPA) usually occurs in severely immunocompromised patients. However, a few cases of IPA in immunocompetent hosts have been reported. Case. A 49-year-old man visited a hospital and reported a 1-week history of a fever, cough, and appetite loss. He was a habitual drinker. He was diagnosed with bacterial bronchopneumonia and alcohol-related liver disease. He was referred to our hospital after his symptoms persisted for an additional 2 weeks. He was diagnosed with IPA by bronchoscopy performed at the first admission. He had no classical risk factors for immunosuppression, such as human immunodeficiency virus infection, hematologic malignancies, or immunosuppressive therapy. Conclusion. IPA should be considered during the differential diagnosis in patients presenting with unresolved pneumonia, even for those without classical risk factors. In this case, alcohol consumption was thought to be a principal risk factor for IPA. The early diagnosis of IPA by bronchoscopy is crucial for initiating timely and effective treatment in order to achieve favorable outcomes.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
12-15 , 
ISSN:
0287-2137

右B3転位気管支を伴う右上葉肺癌の2切除例 CiNiiでみる

著者名:
大野 慧介  大関 雅樹  根岸 秀樹  峯岸 健太郎  眞木 充  坪地 宏嘉  遠藤 俊輔 

抄録:

はじめに.気管支分岐異常の中で右B3の転位気管支は稀であるが,このような分岐異常を伴う右上葉肺癌に対して手術を行った2症例を経験したため報告する.症例1.45歳女性.胸部CTで右肺S1に1.8 cmの結節影を認めた.気管支鏡下腫瘍生検で腺癌と診断され,cT1bN0M0 stage IA2であった.症例2.69歳女性.胸部CTで右肺S2に2.6 cmの結節影を認めた.経気管支鏡下腫瘍生検で腺癌と診断され,cT1cN0M0 stage IA3であった.いずれの症例も右B3は中葉支から分岐していたが,B1+B2とB3を個別に切離して右肺上葉切除を施行した.B3転位気管支周囲リンパ節は迅速組織診断で転移陰性であり,ND2a-1群リンパ節郭清を行った.結語.気管支分岐異常を伴う肺癌の手術では,術前のCTや気管支鏡による解剖の把握が重要であり,腫瘍の局在に応じてリンパ節郭清の範囲を決める必要がある.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
16-20 , 
ISSN:
0287-2137

喉頭浮腫を来すことなく安全に気管支鏡検査を実施し得た遺伝性血管性浮腫の1例 CiNiiでみる

著者名:
篠崎 聖兒  松元 幸一郎  原田 英治  安藤 裕之  井手 真亜子  瓜生 和靖  緒方 大聡  坂本 藍子  中西 喬之  濵田 直樹 

抄録:

背景.遺伝性血管性浮腫(HAE)は,補体第一成分阻止因子(C1-INH)の遺伝子異常によって血管性浮腫を生じる遺伝性疾患である.心身のストレスや侵襲的な処置により介入部位付近に浮腫が生じることがあり,喉頭浮腫を来した際には致死的な転帰をたどるおそれがある.症例.42歳女性.23歳時にHAEの診断を受け,長期発作予防薬の服用を行っていた.2019年2月に原因不明の肺炎を発症し,2020年2月に肺炎像が悪化した.気管支鏡検査を行うにあたり急性発作に備えた厳重な診療態勢を構築し,短期発作予防薬を事前に投与した上で検査に臨み,有害事象なく検査を終了することができた.結語.HAEを合併した患者に行った気管支鏡検査についてはこれまでに報告例がほとんどなく,貴重な症例と考えられる.気管支鏡検査前にはあらかじめ本疾患を想起する病歴,家族歴がないか詳細に聴取する必要があるとともに,本疾患が広く認知されることを願い,ここに報告する.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
21-26 , 
ISSN:
0287-2137

気管管状切除術後の胸膜播種再発後に長期生存している気管腺様囊胞癌の1例 CiNiiでみる

著者名:
鈴木 幹人  堀尾 裕俊  志満 敏行  清水 麗子  原田 匡彦  比島 恒和 

抄録:

背景.気管腺様囊胞癌は低悪性度腫瘍で,晩期に肺転移を主とした遠隔再発をきたす.今回気管腫瘍切除後8年目に稀な再発形式である胸膜播種を示したが,その後8年間無治療で無症状に生存している1例を経験したので報告する.症例.72歳,男性.8年前に気管腺様囊胞癌に対し,気管管状切除術を行った.気管断端が病理学的に陽性であり,術後吻合部に放射線(60 Gy/30 Fr)を照射した.再発なく経過していたが,術後8年目の胸部CTで右肺S6に5 mm大の結節影を認めた.転移性肺腫瘍を疑い,肺部分切除を予定した.術中,壁側胸膜に白色結節を複数認め,生検で腺様囊胞癌の胸膜播種と診断した.有効な全身療法は少なく,高齢のため無治療で経過観察とした.胸膜生検後8年間,胸膜播種や肺転移は緩徐な増大のみで,患者は無症状で生存している.結論.胸膜播種再発後も無治療で長期生存している気管腺様囊胞癌の1切除例を経験した.遠隔再発後の治療は定まっていないが,腫瘍の進行は緩徐であり,無治療経過観察も選択肢となる可能性がある.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
27-32 , 
ISSN:
0287-2137

非結核性抗酸菌症に伴った気管支結石の1例 CiNiiでみる

著者名:
竹田 健一郎  河野 雅人  平間 隆太郎  勝又 萌  持塚 康孝  堤 あかり  三木 良浩  橋本 大  中村 秀範 

抄録:

背景.気管支結石は気管支腔内に存在する石灰化または骨化物と定義され,稀な疾患である.主な原因疾患として結核が知られるが,非結核性抗酸菌症に伴った気管支結石の報告は少ない.症例. 77歳,女性.検診にて胸部異常陰影を指摘され,当科へ紹介入院となった.胸部CT上,左肺S6に粒状濃度上昇と気管支拡張所見を認め,気管支内腔に石灰化病変を認めた.気管支鏡検査では,左B6bに硬い黄褐色物質が嵌頓しており,可動性良好のため気管支内視鏡的に摘出した.病理組織所見では,石灰化とその周囲に好酸性無構造の滲出物を認め,多量の抗酸菌が検出された.培養検査にてMycobacterium intracellulareと判明し,その他の病原体は検出されなかった.以上より,気管支結石および非結核性抗酸菌症と診断し,関連が示唆された.結語.非結核性抗酸菌症に伴う気管支結石の1例を経験した.無症状であったが,気管支内視鏡的に診断し,安全に摘除された.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
38-42 , 
ISSN:
0287-2137

放射線外照射により閉塞性換気障害が改善した気管・気管支アミロイドーシスの1例 CiNiiでみる

著者名:
篠崎 鮎香  高村 圭  石田 有莉子  佐藤 祐麻  山本 岳  菊池 創  山本 真  井上 哲也  菊地 慶介 

抄録:

背景.限局性気管・気管支アミロイドーシスは,全身の諸臓器にアミロイドが沈着することによって障害を来す疾患の中で,呼吸器にのみアミロイドが沈着する限局性の病態である.症例.66歳女性.難治性喘息,繰り返す肺炎などにて近医加療中であった.今回201X年に再度入院となった際に精査依頼があり,当院に転院となった.画像で気管の石灰化や気管支狭窄の所見が認められた.気管支鏡を施行したところ気管から左右気管支までの粘膜に黄色隆起性病変を認め,中間幹は全周性に狭窄していた.同部位からの生検では非AAアミロイドーシスの所見が得られた.全身検索では他臓器に有意所見がなく,限局性気管・気管支アミロイドーシスの診断となった.基礎疾患や気管支内腔狭窄により高度の閉塞性換気障害を認めていたことから,欧米の文献を参考に,局所の放射線外照射を選択し,画像・呼吸機能上の改善が認められた.結論.放射線外照射により症状改善が得られた.限局性気管・気管支アミロイドーシスに対する本治療に関する論文は散見される程度であり,文献学的考察を加えて報告する.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
43-49 , 
ISSN:
0287-2137

経過中に異時性重複癌を認めた早期多発肺癌の1例 CiNiiでみる

著者名:
鈴木 雄  生越 貴明  田浦 裕輔 

抄録:

背景.重喫煙は多発肺癌のみならず,肺癌を含めた重複癌のリスク因子となりうる.症例.重喫煙歴のある67歳男性.当院循環器内科で狭心症などの定期follow中であった.胸部X線異常のため,20XX年4月に当科紹介.CTにて左肺S3領域にspiculaを伴う20 mm大の結節を認めたが,縦隔リンパ節腫大や遠隔転移は認めなかった.気管支鏡検査を施行したところ,右B6入口部にも一部白色に変性する隆起性病変を認め,左右病変とも中分化扁平上皮癌であった.右病変は上皮内癌であり,転移ではなく多発早期肺癌と診断.Video-assisted thoracic surgery(VATS)にて左肺上葉切除を施行し,右病変に対しては放射線根治照射60 Gy/17 Frを施行した.20XX+1年9月にはfluorodeoxyglucose-positron emission tomography(FDG-PET)/CTで前縦隔リンパ節に再発を認め,外科的に切除した.しかし,20XX+2年8月には食道癌・胃癌を併発した.結論.重喫煙者では多発肺癌のみでなく,異時性重複癌の発生にも十分注意すべきであり,FDG-PET/CTや消化管内視鏡検査も含めた厳重なfollow-upが望ましい.


出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
50-55 , 
ISSN:
0287-2137

大橋ら"喀血で発症した原発性気管支動脈蔓状血管腫の1例" CiNiiでみる

著者名:
佐野 厚 

抄録:

出版年月日:
2021 , 
巻:
43 , 
号:
1 , 
ページ:
5-6 , 
ISSN:
0287-2137